2015年11月アーカイブ

ブログを長い間、アップしなくてすみません。
サボっていた訳ではなく(実際はサボっていたのですが(笑)) 
一つの大きな挑戦に取り組んでいました。
それは、「スーツを着て、フルマラソン完走!」というもの。

11月8日が本番でした! 実際、完走できたのでしょうか?

それではマラソンの参戦記 始まり始まりです!
(著者注)このブログもマラソン並みにそうとう長い、タイトルでおもしろそうなのがあれば、 
つまみ読みすることをお勧めします。


「最初のドミノは一枚の写真だった(涙)」

「マラソンを走る羽目になった経緯」を振り返って考えると「ドミノ倒し」に似ている。
そう、最初の「ドミノ」は、一枚の写真だった(涙)
昨年 友人の会社の研修に飛び入りして富士山に登った際(ブログにも詳しく書いたが)
頂上にて、ジャケットを羽織って「スーツ姿で富士山登頂!」というシャレの年賀状を出したら、
これがえらく受けた! ここまではいい。

「やるやん!」という声の中、一人の友人が「次はスーツでマラソンやな!」と冗談半分で言った。
これが「二枚目ドミノ!」
その時は、しゃれで返したが、妙にそのフレーズが頭に残り、「そんな手もあったか!」と思った。
ただ、今までフルマラソンはおろか、ハーフにも出た事もなく。
その冗談は、頭の奥の奥に追い追いやられて、本人もすっかり忘れていた。

その記憶が、雨の日の翌日の竹の子のように、モソモソと表面に出てきたのは、第一回おかやま
マラソン開催決定!のニュースであった。
これが「3枚目!」

「そうか、世のマラソンブームに乗って我が故郷岡山でもマラソンをやるのか?」と当初は、これも
対岸の火事のように流した。しかし、おかやまマラソンは、巷では日を追うごとに盛り上がりを見せ、
それをきっかけに頭の中の竹の子君「スーツでマラソン!」は、
すくすくと成長していった。

更に、追い打ちをかけたのは、「週刊現代」のネット取材!
軽い気持ちで取材を受け、社長の趣味は?と聞かれたところで、「読書とゴルフ」と言ったものの、
これでは面白くないと思い、(持ち前のサービス精神が災いしました(苦笑))

「そういえば昨年、富士山に登りましたよ!それがこの時の写真です。洒落でスーツを着て撮りました。」
と。

これが記者さんに受けて、「次は、スーツでマラソンを!という友人がいて、出ても面白いかな?
と思っているのですよ。」とポロット。
言わなくていいのに言ってしまった(涙)のが「4枚目」

その記事「治山社長、スーツでフルマラソン!身体を張る、治山社長!」と、「張る」と「治(はる)」の
シャレにもならない記事が大々的に出てしまい。これまた大きな反響!

ここからは、高速ドミノ倒しが始まった。本人が止めようと思っても、すごいスピードでどんどん
倒れていく(号泣)

つまり振り返ると「富士山写真」⇒「友人の一言」⇒「第一回岡山マラソン決定」⇒「週刊現代の取材」
と倒れていき、最後は止められなくなったという訳。

もう内堀も外堀も埋められてマラソンに出るっきゃないという状況になった。
自分でまいた種と言いながら、やはり口は災いの元です。みなさん気をつけてください!

さてさて、もう後には引けないということで、慌てて岡山マラソンにエントリーした。

そこから約4か月 「フルマラソン完走、それもスーツで」(涙)の闘いが始まった。  (つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。