2017年4月アーカイブ

祝優勝 ガルシア!

user-pic
0

マスターズは特別なトーナメントで、いつもこの時期になると朝早くからテレビにかじりついて、選手たちの神業に心を揺さぶられる。

しかし、今年の大会はそれ以上の意味を持つ大会になった。

ご覧になった方は、お分かりと思うが、最終日の後半からローズとガルシアのマッチプレーのようになった。

常に冷静なローズに対して、崩れそうになりながらもガルシアが首の皮一枚で留まり、さらに立ち直ってスーパーショットによってイーグルでトップを奪うと、負けじとローズがバーディーで並び返す。最後の最後18番ホールでもスーパーショットを繰り返し、決着がつかずプレーオフとなった。

この死闘ともいえる戦いの中で、お互いをたたえ合い、最高のショットで一歩も譲らない。いつの間にか正座をして見ていた。テレビを見ながら、本当に心が熱くなった。この二人は僕にとっては特別だ。

なぜなら、僕はこの2人とラウンドしたことがある。

もう10年以上も前で、確かローズもガルシアも20代半ばか前半だったと思う。僕も30代だった。

ローズ君は、色白でまだ本当にあどけなさが残る美青年。やたら背が高く、はにかみ気味だった。一方ガルシアは、ラテン系特有の茶目っ気たっぷりのいたずらっ子のようで、常に明るく、憎めない感じがした。一見小さく見えても、筋肉もりもりの骨太だった。

二人とは、とても気が合い、日本の陶器のカップを渡すとすごく喜んでくれた。

それから10年以上の時を経て、その彼らが最高の舞台で、戦っている。

彼らの顔を見ると、僕も含めお互い年を取ったなあと思う。ただ、とてもいい歳をとったと思う。

ローズ君は、あのあどけなさやはにかみ気味な様子は全くなく、どんな場面でも慌てず、乱れず冷静に判断する、まさに勝負師の顔になった。ガルシアは、感情を隠さない点は昔と一緒だが、ここぞという時には、目の奥に炎が燃えているような格闘家のような表情がある。

 

ココ・シャネルが「20歳の顔は自然の贈り物、30歳の顔は生活の結果、50歳の顔はあなたの功績」と言った。

2人とも、この15年くらいでいろんな修羅場をくぐり、勝負をしてきたのだろう。

今回、ガルシアは初のタイトルを取った。

本当に嬉しい!おめでとう!

ローズは残念だったけど、必ずチャンスがあると思う。

 

いつか、彼らとまたゴルフをする機会があったら、何を語ろう。語らなくてもお互いの顔を見て、いろんなことがあったけど、お互いいい人生を歩んできたなと笑い合えたら最高だろう。それまでに、彼らに負けないようにもっともっといい顔になりたいね。

 

今回の教訓「『人は見た目が9割』というのは、年を重ねるごとに、その人の人生が9割顔にでるという事かもしれない。」

 

追伸

Dear ガルシア

優勝おめでとう!! 本当に凄かったね!

あの頃のやんちゃでラテン系の君が目に浮かぶよ。

そうそう君がグリーンジャケットの下に着ていたのが、adidasのウェアだったね。

今うちの会社もadidas社と組んで、adidasスーツを売っている。これが君のドライバーみたいにビッグヒットになってる!

君も頑張っているけど、僕も頑張っているだろう?(笑)

今度ぜひ着てもらいたいね、多分君にぴったりだと思う。本当におめでとう!

はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。