2012年9月アーカイブ

治山です。

友達が本を出しました。

とても新しい視点で、社長が記者になり他業種の社長にインタビューして一冊の本にまとめている

のです!この視点は面白い!!

 

何が特徴かを説明する時に、一番分かり易いやり方は、比較でもって見せる事。

例えば、人気テレビ番組の「ビフォーアフター」。文字通り、ビフォー(工事前)とアフター(工事後)を

比べると、だれが見てもここが、以前悪くて、こう良くなったことが分かる。

この手法を使って、いい面悪い面、特徴をクローズアップする仕方は、アデランスや女性の美容広告

を待たずしても、非常に分かりやすい手法だと分かる。

 

さて、前置きが長くなったが、この手法を取り入れて、社長が社長をインタビューして、自分の会社

と先方の会社を比較し、その違い、違和感を率直にまとめあげた本がこの本。

経営の仕方は、人それぞれ。それを自分の経営感覚と違うことをクローズアップして、各社長の

経営術を丸裸にしている。

 

本では、経営者ではないが、のっけから郷ひろみが、今まで語られなかった本音を、飾ることなく

しゃべっている。思ってみれば、芸能人は自分がプレーヤーであり、自分がプロデューサー。

そう考えれば、社長と似ていると言える。

(彼はあくまで友人として出ているが・・・。)

他、飲食、ネット、官僚、マスコミなどなど、全くバラバラの業界社長が、岡社長記者に時には

友人、時には同じ境遇の社長という立場、そして時には相談相手として普段記者などには言う

語り口とは全く違った形で答えている。

それを、岡社長記者は自らの会社、経営術と比較して率直に語っている。

この意味では、非常にこの企画の意図は、達成出来ていると思う。

 

この本で、僕がもっとも惹かれたのは、日刊ゲンダイ 川鍋会長の章。

田中角栄のなま話から、お金と政治家と記者の驚くような関係。そして時代時代の経営者や、

そうかと思えば、今の日本をばっさばっさと切りまくる。

うーん、面白く、とてもためになる。

 

さて、ここまで来て、すでに察しのいい読者の方は分かるように、実は恥ずかしながら私も紙面を

汚しております。(汗)

先ほど言ったように、ついつい気を許したのが最後、普段とは全く違った形で、ポロポロ本音が

出てしまっています。(大汗)

興味のある方は、ぜひ一冊手に取って下さい。

ただし、くれぐれも私の章は飛ばし読みでお願いいたします。(苦笑)

 

「経営者はアイドルでなくてはならない」 著者:㈱JSB 会長兼社長 岡 正人 

プレジデント社 発行。

 

/治山

大切な「一生モノ」

user-pic
0

治山です。

先日、テレビを見ていたらスマップの香取さんが中学生位の時に、木村さんからもらった財布を

いまだにずっと使い続けている ということを言っていた。

その財布は、もうボロボロ。もらった時のことが嬉しくてもう何十年も使い続けている と。

そう思っていたら、当社の社員も端は擦り切れ、色もハゲハゲの原型を留めていないような手帳を

何十年も使っていると見せてくれた。

 

一生モノ。

 

そういった目で身の回りのモノを見ていると、あるある!

僕は、物持ちがいいわけでは決してないのに、結構ある。愛着あるというものもあるが、単なる

存在を忘れているものも含めて見てみた。

 

●ティンバーランドの靴。

 分厚い防水の革で登山も出来そうなド定番。これはNYで買って以来20年近く履いている。

 当時、このシンプルでがっちりした靴が欲しくて、アウトレットで買った。今では、

 特別思い入れがあるわけでもないのに、いつも靴箱の隅に、「ここは俺の定位置」ということで

 住み続けている。もちろん今も現役で、ちょくちょく履いている。タフという言葉がぴったりの一品。

 

●バスタオル

 これも、いつの頃に使い始めたのか分からないものが何枚かある。たぶん皆さんもあるはず。

 捨てられないほど価値があるわけでもないのに、これまた使い続けている。多分、これからもずっと

 破れるまで働き続けてくれるのだろう。そう考えると、バスタオル一枚にありがたみさえ感じてくる。

 

●携帯

 何を隠そう少し前まで携帯は、フォーマ初期型。

 恥ずかしい話だが、もともとシルバー色のコーティングの表面がはがれまくって、モザイク状になり、

 初めて見た人には「柄?」と聞かれる(笑)

 すでに何度も電池を交換して、この電池は製造中止寸前で、注文する度に、店に在庫はなく、

 いつもドコモの人は、何で新しいのを買わないの?と思っているに違いなかった。

 (今はもう新調しましたが笑。)

 ご迷惑をおかけしました。

 何故使い続けているか? それは、全く不便を感じないからとしか言えない。

 

●ゴルフクラブ

 さすがにドライバーは買い替えているが(それでも10年位は使っている(苦笑))、アイアンも

 年代もの。キャビティ-初期のタイトリスト。なぜか手になじんで早20年。アイアンは、構えた時の

 フェースの安心感が非常に重要と感じているが、これはしっくり手になじんで妙に安定感がある。

 長年、使っている湯呑みたいな感じ。

 これもNY時代に購入した物だが、アメリカはじめ、いろんなコースを一緒に回ってきた。

 ベストスコア―も、もちろんこのクラブで。

 僕のゴルフ人生のかなりの部分を知っていると思う。最近はほとんど使えてないが、僕の腰が

 曲がるまでか、クラブが曲がるまで使い続けるのかなぁ。

 

●スーツ、ジャケット、コート、ネクタイ、ジーンズ。

 さすがにワイシャツはないが、これらに関して、何点かは年代物がある。

 その中でスーツ代表選手は、NHK連続テレビ小説の「カーネーション」モデルのコシノ綾子さん

 デザインの物。一目見て時代物と分かるが、なぜか捨てられない。

 生前は親しくさせて頂いて、このスーツを見ると懐かしく思い出す。

 ジャケットはジャン・フランコ・フェレの物。当時ジャン・フランコ・フェレがすごく好きだった。

 シルク100%の紺ブレ。これまた型が古くてもう着れないが、クローゼットを開ける度、未だに

 光り輝く紺色の艶に見とれる。

 コートは、革のロングコート。これは、たぶん10キロ以上位あると思う。コートというより、なめし革を

 そのまま羽織っている感じ。重い。肩がこる。しかし、冬の極寒の時には、未だに登場願う現役

 モノ。

 ネクタイは、ここ10年以上締めていない物が、多分現在持っているネクタイの半分位あると思う。

 バブル前後と今では全く、幅も柄も、色使いも違う為、今これをつけると昔も漫才師か、銀座に

 出てきた田舎の成金のよう笑。

 

 まぁ、バブル時代の思い出として、懐かしい写真のようにタンスに眠っている。

 ジーンズはリーバイスとアルマーニが一本ずつ。もともとはいわゆる濃い藍色のジーンズカラー

 だったやつが、今では、夏の空よりもっと薄くなっている。裾は擦り切れて、ポケットも破れてきて

 いる。まさにナチュラルダメージ。

 これも、未だに現役。良く考えてみると、そのころから体型がほぼ変わっていない。

 これが履けなくなると、赤信号かもしれない。

 

 一生モノ。

 これは、その商品にとって勲章の様なものだろう。 そしてそれを作った人にとっても勲章のような

 ものであろう。我々もお客様に、一つでも一生モノを持っていただけるように、日々努力していこうと

 思う。

 

 /治山

はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。