2010年8月アーカイブ

ワールドカップ

user-pic
0

治山です。

少し前になりますが、ワールドカップにはまり毎日寝不足になるほど熱中していました。

岡田ジャパンの健闘もすばらしかったですが、世界レベルの技術、そして意地のぶつかり合いと

いったものの迫力がすごかったです!!彼らの思いっきりのプレーを見ていると普通のテレビでも

フィールドで応援しているごとく、まるで3Dを見ているような感覚になりました。

大会がはじまる前までは、日本以外についてはあまり知りませんでしたし、自分もそれほど

ワールドカップについて盛り上がっていませんでした。

以前の大会と違い、ベッカムやロナウジーニョ、ジダンなどメジャー選手が少なかったのも、今ひとつ

盛り上がらない要因でした。

ちなみに以前私が一番好きだった選手はポルトガルのフィーゴ。その流れをくんで今回もひそかに

ポルトガルを応援していました(笑)

 

さて、試合を見始めると、今回そんなスーパースター選手が少なくなったことなど全く関係ない程に

はまるはまる。

まず、予選リーグでは優勝候補のスペインから虎の子1点をとり、まさに蜂の巣爆撃のような攻撃を

防ぎに防いだスイス戦。

続いて10人になり後がなくなったオーストリアのガーナ戦での全員サッカー。

ギリシャの歴史的初勝利のナイジェリア戦。

アルゼンチンのメッシの韓国戦での神業。

ブラジル第一線のブラジルの角度がほとんどない位置からのゴール。何度見てもすごい!の一言。

また、今回名ゴールキーパーにも感動。10人になり1000本ノックのようなナイジェリアのシュートの

嵐に体を張って守るオーストリアのキーパーなどなど連日全ての試合で感動をいただきました。

オリンピックとともにこの世の中にワールドカップがあって良かった!と思いました。

ちなみに毎年あってほしいとは思いません。寝不足になるのは4年に一回で十分です。(笑)

 

/治山

大学での講義

user-pic
0

治山です。

先日、大学で授業をする機会をいただきました。

100名以上の学生さんたちの前に立ち感じたのは、授業というのはまさにライブだなぁという事です。

1時間30分の間、私の話す内容に対して、学生さんたちの気が直接伝わってくるのです。

興味を持ってくれているなぁとかちょっとつまらなかったかなぁとか、話しながら伝わってくる「気」に

押したり引いたりしながらついつい熱が入り、予定時間を大幅にオーバーして終えました(笑)

学生さんは大変真面目で一生懸命聞いてくれました。

 

この日のテーマは「働くことについて」ということでしたので、自身の体験談を交えながら、私の考える

「働く論」をぶつけました。ふだんなかなか無い機会でしたが、逆に私も自分自身の社会人生活20年

を振り返ることができ、また学生さんたちのパワーをいただき、良い経験ができました。

ありがとうございました。

 

(追記)おまけとして、最近の就活で私が感じることですが、女性は腹が据わって元気があるのに

    比べて男性はすこし元気が少ないように感じます。

    「男性諸君!龍馬伝を見て、まっこと にっぽんの将来のために燃えないといかんぜよ!!」

/治山

接客の大切さ、難しさ

user-pic
0

治山です。

先日改めて接客の大切さ、難しさを学びました。

某ハンバーガー屋に行きました。

私は、学生時代のホームステイでの夕食で、6週間ほぼ毎日ハンバーガーを食べさされたお陰で

(笑)大のハンバーガー好きです。吉野家の牛丼みたいに定期的に理由もなく食べたくなります。

話を元に戻すと、その日は朝一の新幹線に乗る前に、駅の近くにあった店に寄りました。

朝食はもう済んでいたので、コーヒーを買って新幹線の中で飲もうと店に行った時、ラッキーなことに

飛行機に乗ったらくれるその店のコーヒー無料券がありました。

カウンターに並んで、その券を見せて「ホットコーヒー下さい。」と言うとタダの客にも関わらず、学生の

ような女の子は満面の笑みで「お砂糖とミルクはどうなさいますか?」と問いかけてくれました。

ネームプレートを見ると「研修生」とありました。

カウンターで待っている間、隣のサラリーマンも私と同じく例の無料券客。それを横目でちらっと見て

いると、ベテランの女性社員さんが笑顔もなしに(無料客じゃあ儲からないと思ったのでしょうか?)

機械的に「お砂糖とミルクはどうなさいますか?」と冷たい対応。お客さんも心なしか申し訳なさそう。

そうこうしているうちに、こちらは「お待たせいたしました。」と満面の笑顔。

 

この様子を勝手に分析すると、「研修中の女性」は「とにかくお客様を大切にして下さい。」と研修で

学んだことを疑うことなく素直に実践している。

一方「ベテラン女子社員」は店の売上や利益のことも考えて、「無料客は損益を悪くするだけの者と

見ている。その対応が出てしまったのではないか。

もちろんベテラン女性社員は一方では、利益マインドがすごくあり会社としてはある意味評価できる。

うちでも同じようなことは多いと思い、同じ小売業として改めて接客の難しさを知りました。

 

お口直しにいい話。

これも某ハンバーガーショップで女子中学生がノリで注文した際に「スマイルダブル下さい。」というと

そのカウンターの子は隣のカウンターに耳打ちして、二人でニコッと笑ったということ。

とてもいい話です。今度やってみようかな。

/治山

はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。