2017年5月アーカイブ

乃木坂46「インフルエンサー」

user-pic
0
先日テレビドラマを見ていて、(確か「小さな巨人」か「クライシス」?)
上司が部下に「どんな所に行っても成功するための条件は、何だか分かるか?」と問うた。
答えを探っている部下に向かって「それは、覚悟だ!」と言い放った。
(少しセリフは正確ではないと思いますが、意味はこういう感じでした。)
確かに真理である気がする。

乃木坂46は当社のキャラクターとして、大活躍してくれている!
5月19日から流れ出した新CMも大評判となっている。
西野七瀬さんが失踪?と思いきや、ラクダにのって上機嫌で登場。という異色CM。
詳しくはテレビかユーチューブで・・。

このCM制作等で、彼女らとお会いする機会があった。
彼女たちの印象は一言で言うと「本当にいい子たち!」
外観以上に内面からでる可愛らしさと素直さ。さらにとても礼儀正しい。
人気が出るのも当たり前だなと思う。
聞けば、彼女たちは日々ぶっ倒れるまでダンスや歌の練習を重ね、寝る間もなく活躍しているらしい。にもかかわらず、一旦、現場に来るといつも笑顔で礼儀正しい。
細かい所にも手を抜かず、常に全力の一生懸命さが伝わってくる。まさに覚悟をもって仕事をする「小さな巨人」たちである!
見ている我々も彼女たちの「覚悟」には、頭が下がるクライシス!(位です!)
・・今回も出ました親父ギャク(苦笑)

彼女らにとっての「覚悟」はどこから来ているのか?たぶん、乃木坂46というプライドであり、そして仲間に迷惑はかけられないというチームワークと責任感であろう。

そしてその「覚悟」が我々に伝わり、さらには直接会っていない現場のスタッフにも広まり、全員が覚悟の「熱病」に感染してしまう。彼女たちのウイルスは強い!
これまで彼女たちと組んで、「ストレス対策スーツ、フレッシュマン、燃焼系スーツ スラテクノ」など一緒にキャンペーンを行って来た。これら全てがヒット商品になっている。今回のアイシャツも、200万着を超えが早まるだろう。
これは、偶然ではない。彼女らの「覚悟」の集団感染によるものだと思う。
まさに彼女たちは、覚悟の「インフルエンサー」である。

皆さんもぜひ、これらの商品に触れてみて下さい。商品に触れると乃木坂46の彼女らの「覚悟」のウイルスに感染出来ます。
思えば乃木坂46のマークは、右肩上がり!当社も業績右肩上がりであやかりたい(笑)

今回の学び「すごい覚悟は、ウイルスのように周りのみんなを感染する。」

笑顔0円

user-pic
0
 先日、都内のマクドナルドにいた時、突然、若い女性クルー(スタッフ)がフロアーに来て、
いきなり
「これから、お客様が多くいらっしゃる時間になりますので、大変申し訳ないのですが、長時間おられる方でお席を空けていただける方がいらっしゃいましたら、ご協力よろしくお願い致します。」
と深々と頭を下げて言った。

これを聞いて僕は、『確かにそうだよな?周りを見渡すと図書館替わりか、公園のベンチ変わりにしている人も多い。店としても効率が気になるな』と同意する一方で、
『最近のマクドナルドは、結構やるな、一つ間違えると反感を買うかもな』とも思った。
 
さあ(マク)ドうナルのか?とシャレをかましながら周りを見ていると・・。
さて、ここで問題です!みなさんは、何人くらいの方が帰ったと思いますか?

答え:なんとフロアーにいた100人位の人の約半分!の方が、帰っていった。(本当に日本人は優しい)
た、それを見て間髪を入れず、クルーの「有難うございます!有難うございます!またのお越しをお待ちしております!」とウグイス嬢の様なよくとおる声がフロアーに響き渡った。
潔く帰っていった人たち、それに感謝するクルー。両者の心が通った感じでとても気持ちが良かった。
後に聞いた話では、マクドナルドでは、着ているユニフォームの色によってポジションが違うらしい。
紺は新人、黒はマスター。社員か全ての作業が出来る人。
そして彼女のユニフォームは赤だった。赤は「接客のプロ」と言われるらしい。まさに、嫌みのない「プロ」らしい対応だった。接客やお願いは、態度、言い方ひとつでお客様の印象が全く変わると再認識させられた瞬間であった。

今回の教訓「笑顔は0円であり、プライスレス(値段のつけられないもの)であり、会社にとっては、無限の価値があるもの!」

はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。