2009年9月アーカイブ

読書の秋

user-pic
0

治山です。

秋ですね。秋は「おしゃれの秋」でもありますが、今回は「読書の秋」をテーマにお話したいと思います。

最近では読む機会は減りましたが、小説のほかに漫画も好きで時々読みます。麻生さんほどではありませんが(笑)

考えてみると漫画の世界もとても広くて、ありとあらゆる分野をテーマにした漫画が描かれていますよね。

日本語教室をテーマにしたものや、医療で麻酔科医をテーマにしたものなどなど、読むだけで世界が

広がります。

さて、そのような漫画の中で、次に読んでみたいなと思っているのが、何と言っても「宗像教授異考録」(小学館)です。(少しマイナーですが・・・。)

この作者の星野之宣さんは本当にすごくて、手塚賞(集英社)も受賞されたことのある方です。

私も子どもの頃から(すでに30年以上!)大注目で、星野さんの作品はほとんど読んでいます。

星野さんの作品はとにかくストーリーが緻密かつ壮大で、エンターテイメント性にも優れているところがとても良いです。・・・と書き出したらとまりませんが、やはり食事と同じでいくらうまそうな評論を読んでも自分が食べてみないと本当の味は伝わらないと思いますのでこのへんで。

もし興味のある方はぜひ読んでみてください。はまる人ははまります。

広く一般受けするというよりは、裏ミシュラン(ややおたく系?)ですが笑。

ミシュラン(メジャー系)で言うと「銀塊」(集英社)

親子でどうぞ(中学生くらいまで)。素晴らしい作品です。これもぜひ!

 

先日、9月5日(土)に行われた東京ガールズコレクションに行ってきました。

感動です!!

今回、当社でスタートした新規事業、レディスカジュアルブランド「ミリオンカラッツ」をこの東京ガールズコレクションでデビューさせました。

キットソンやトップショップに引き続き、我が「ミリオンカラッツ」のショーが始まったときは鳥肌が立ちました。

佐々木希さんに始まり、マリエさんまで、大勢のモデルの方が「ミリオンカラッツ」の服を着て

メインステージをウォークしてくれました。

彼女たち本当にカッコイイ!

「キレイ」の最上級が「カッコイイ」ということが、彼女たちを見て初めてわかりました。

「ミリオンカラッツ」の服を着てくれてありがとう!

その晩、会社のスタッフたちと全員で、東京ガールズコレクションの覚めやらぬ興奮と、無事に

「ミリオンカラッツ」がデビューすることができた安堵感とを感じながら、夜がだんだん白んでくるまで

ずっと興奮が覚めませんでした。

まさにミリオネアナイト!

デザイナー、そして携わってくれた全ての人たち、ありがとう!!

ただ一つ残念なのが、(女性物なので)何一つ買えないことでした。(苦笑)

 

 

 

 先日、当社も応援している地元のJ2サッカーチーム「ファジアーノ岡山」のホーム試合に、会社の仲間30人くらいで行きました。

午後7時 キックオフ。 仕事帰り、ビールを飲みながらのスポーツ観戦は最高で、周囲はすでに野外ビアガーデン状態のような楽しい雰囲気でした。

しかし試合はというと、後半10分位まで相手に0対2でリードされ完全に負けムード。相手はスター選手も多く在籍する名門、「東京ヴェルディ」。

ファジアーノファン約1万人で埋め尽くされたスタジアムが暗くなりかけていました。

しかしその時、いきなり逆転の口火を切るゴール!!

それから攻めに攻めて、まさかの同点!さらに残り5分を切ったところでなんと逆転!そのまま

勝利!!

試合終了と同時に雨がぱらつき・・・雨の中で、スタジアムが地響きのように勝利を祝う・・・まるで映画のような試合に、会社のみんなと抱き合って、喜び、試合に酔いました。

結論、「ビールよりもサッカーの方が強烈に酔う!!」

幸せはこんな身近にある。

我々もこんなジョイ、ディライトを少しでも提供できたらと思っています。

*****************************************

 実は 結構 読書好きです。というより、活字中毒気味です。

読む本は乱読。読書に関して肉食系です。

最近 たまたま目にした本にはまりました。

『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 著:森 絵都

クラシックの曲を下地に、物語を織り込んでいっています。

それが、なんとも着心地のいい作品ばかり。

服で言うと、奇抜なデザインではないのですが、着てみると非常に気持ちいい。そんな作品です。

読んでいる最中も、頭の中にピアノの音がBGMとして流れていました。

読んだ後も、「この主人公たちはその後どうなっていくのだろう」と彼らのその後の人生まで思わず

考えてしまいました。

映画を見るまでもなく、音楽と物語がタッグを組んだ時の強さ。これを改めて感じました。

みなさんも、もし機会があればぜひ読んでみて下さい。

 

 

 

はじめまして! 治山です。 今回から、ブログというものに挑戦します。 「をとこ(男)もす(る)という日記というものを、社長もして心みむとて、するなり。」というか、 「つれづれなるままに・・。」という心情でしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2009年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年8月です。

次のアーカイブは2009年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。